福音について

 神様が聖書を通して私たちに最も伝えたいと願っておられることは福音です。福音とは良い知らせという意味ですが、その良い知らせとはキリストを信じ受け入れるなら暗闇から抜け出して神の子となるんだということです。そのことによってすべての問題が解決します。

 人生には、またこの世界にはなぜ苦しみがあるのか?なぜ人の心は汚いのか?それは原罪という根本的な問題があるからです。人は本来、神の祝福を受ける存在でしたが、悪魔の言うことを聞いてしまい、神から離れてしまいました。その時から、人の心にもこの世界にも罪が入って様々な問題を引き起こすようになりました。その結果、この世界は、神の祝福の世界ではなく呪われた世となってしまいました。夫婦喧嘩もいじめも戦争も、それぞれ個別の理由がありますが根本的には、人が神様から離れた”原罪”に究極的な原因があります。

 この原罪の問題は全世界を覆っている問題なので、「今日から、正しく生きよう。」というような個人の努力では解決できません。正しく生きようと努力すること自体は良いことなのですが、人には原罪の問題を解決できません。それを解決するために神が人となってこられた方がイエス・キリストです。キリストは私たちの罪(原罪)を背負って十字架にかかりました。その死をもって罪(根本的な問題)を処分してくださいました。また、死と悪魔に勝利して3日目に復活されました。このキリストを受け入れる(一つとなる)ことによって私たちは、すべての問題から解放され、悪魔にも勝利しながら永遠の命の中に生きるようになります。

 これが教会で最も大事にされている教え、”福音”です。詳しくは以下の動画をご覧ください。